風俗産業に従事される方や経営される方のための支援サイト

この記事をシェアする
B!

体形にまで拘ったヘルスケアの実践

風俗業へのヘルスケア利用

風俗業に従事している場合、夜間の仕事であることや、日常的に飲酒を求められやすい環境、以外な程に体力の消耗が激しいことなどを考慮すれば、一般的な産業に従事する以上にヘルスケアが重要となりますが、基本的なヘルスケアは、栄養バランスのとれた食事、発汗を伴う適度な運動、適切な質と量を両立した睡眠の三点に集約されるため、風俗業に特化したヘルスケアがある訳ではありません。

そこで求められるのが、ヘルスケアの最適化です。
例えば、一般的な産業に多い昼行型の生活の場合、朝食は程々、昼食は多め、夕食は朝食や昼食よりは控え目に摂ることが推奨されますが、風俗産業のような夜行型の生活を送るのであれば、朝食を控え目に、昼食は程々、夕食は多めといった形で、最も体力を必要とする場面を意識した食生活の再構築が必要となります。

ヘルスケアで需要に応じた体形管理

ヘルスケアを徹底して行うことができれば、健康的な体作りができるだけでなく、理想的な体形やニーズに応じた体形を構築する上でも大いに役立ちます。

特に、風俗産業のような体形に対して多様なニーズが求められる環境下においては、体系を維持する以外にも、痩せることや太ることを要求されることも間々あるため、体調を崩さない様に健康的な体系を維持したり、健康面を念頭に置いた上で痩せたり太ったりするためにヘルスケアがより重要となります。

このようにヘルスケアは、体系の維持・管理に対して有効であると共に、ゆっくりとした体重の増減の調整に最適であり、急激な体形の変化による体調の悪化や病疾患の罹患を避ける上でも有効なのです。